名古屋市中区

鶴舞駅のすぐ近く!和をコンセプトに楽しませるラーメン屋「麺家幸先坂」

 

本日の記事では、名古屋市中区(鶴舞駅付近)にある「麺家幸先坂(さいさきざか)」を紹介していきます。

2019年に鶴舞駅・鶴舞公園のすぐ近くにオープンしたラーメン屋さんですが、早くも名古屋のラーメン界で人気店の1つとなっています。

それもそのはず、藤が丘にある「麺家半蔵(はんぞう)」、名古屋駅近くにある「麺家獅子丸(ししまる)」の2つの人気ラーメン店と同じ半蔵グループの3店舗目のお店なのです。

3店舗それぞれコンセプトが違うのですが、今日紹介する「麺家幸先坂」は、和をコンセプトとした割烹を思わせるようなラーメン屋となっています。

 

「幸先坂」の外観・内観の雰囲気は?

地下鉄・JRの鶴舞駅からすぐ(徒歩1分以内)にお店があります。

店構えにも、和のテイストを感じることができると思います。

 

カウンター席・テーブル席を合わせて40席ほどあり、新しいこともあるかもしれませんが、非常にキレイでオシャレな雰囲気にまとめられています。

店内においても和のコンセプトが存分に発揮されており、壁には和傘などがオシャレに飾られています。

 

 

「幸先坂」のメニューは?

ラーメンの種類は、限定を除くと3種類あります。

①アゴと貝出汁の醤油そば(880円)

②三河赤鶏と魚介のぱいたんそば(920円)

③アゴと貝出汁のあっさり醤油つけ麺(1100円)

3種類とも食べたことがあるので、順番に紹介させていただきます。

まずは、①アゴと貝出汁の醤油そば。

まずは見た目のインパクトがキレイ!

自家製麺はツルツルで食感が良いです。キレイな盛り付けにより、見た目がお蕎麦のようですが、味の全体的なまとまりもお蕎麦のような感じがあります。

あさり、しじみ、アゴ、羅臼昆布、干し椎茸を使用して、丁寧に取った和風だしに鶏油を加えてスープを作っているそうなのですが、この和風なスープの味が、ラーメンとお蕎麦をブレンドしているかのような一杯に仕上げているのだと納得です。

 

続いて、②三河赤鶏と魚介のぱいたんそば。

醤油そばとは雰囲気がまた違いますが、こちらも見た目がキレイですね。

白湯ラーメンは、ともすると独特な味がして臭みが残るラーメンも多いですが、ここの白湯は非常にバランスがとれていて美味しいです。

圧力寸胴鍋で炊き上げた白湯スープに、旨味たっぷりの和風だしを掛け合わせているということで、和風だしが良いアクセントになっていることが分かります。後味も良く、コクも感じさせてくれる一杯です。

個人的には、このぱいたんそばが一番好きです。そして、スープと味玉の相性が良いので、トッピングすることをオススメしています。

 

最後に、③アゴと貝出汁のあっさり醤油つけ麺。

小豆島の正金醤油を使用して、魚介と干し椎茸の和風だしを合わせて作られたつけ麺です。つけ麺で食べるには、少しスープが薄く感じるかもしれません。

昆布のだしが一緒に付いてくるのですが、こちらを麺に絡めてほぐして食べて下さいとの説明があります。昆布だしにより、麺のコクが引き立つ印象が確かにありました。

 

 

「幸先坂」店員さんの接客や客層・混み具合は?

 

4~5名くらいの店員さんがいらっしゃいます。接客担当は、主に若い2人の方。一生懸命なさっているのが伝わってくる接客です。

客層は、1人の方、サラリーマンの2人組、カップル、家族連れといった感じで、年齢層も含めて幅広い印象を受けます。

他の人気ラーメン店に比べると、行列とまではいかないので割と入りやすいラーメン屋さんかとは思います。ただし、平日でも待ち時間があることは多いです。もちろん、土日に関しては、すぐに入れたらラッキーと思っていただいた方が良いかもしれません。

 

 

「幸先坂」の駐車場の情報など

 

○住  所:愛知県名古屋市中区千代田5-22-18

○電  話:052-228-0142

○定休日 :無休

○営業時間:11:00~14:30 17:30~22:00(L.O)

○交  通:地下鉄・JR「鶴舞駅」から徒歩1分

○駐車場 :無(近くにコインパーキング多数あり)

 

 

 

まとめ

 

新しいこともあり、ラーメン屋さんとは思えないオシャレな店内で、和のコンセプトを味わえる珍しいラーメン屋さんだと思います。

お蕎麦屋さんに来ているような、ラーメンの繊細な部分を楽しむことの出来るラーメン屋さんであるという言い方も出来ると思います。

カップルや夫婦の方など、ラーメンデートをしたいといった方にも、オススメなお店です。いろいろな種類のラーメンがありますので、もちろんどなたでも楽しめるお店だと思います。