名古屋市守山区

創業100年以上!きしめん提供店としては最も歴史のあるお店「角千本店 守山店」

 

本日の記事では、名古屋市守山区にある「角千本店 守山店」を紹介していきます。

こちらのお店は、なんと1918年(大正7年)創業の老舗店であり、「最古のきしめん提供店」として認定されているお店です。

名古屋名物として有名な、きしめん・うどんを2枚看板としたお店で、特に創業当時からきしめんが人気で力を入れています。

厳選した地元愛知県産のブランド小麦である「きぬあかり」と、庄内川の伏流水を用いて、こだわりの麺を自社工場で製麺しているんですよ。

まさに、地元・名古屋名物!のお店といった感じですね。

 

「角千本店」の外観・内観の雰囲気は?

ゆとりーとラインの守山駅から徒歩3分、名鉄瀬戸線の守山自衛隊前駅から徒歩5分くらいの位置にお店はあります。

内観はシンプルな作りです。テーブル席を中心に50席ほどあります。

 

座敷席も3テーブルありますので、家族連れでも安心ですね。

 

入口付近には、角千本店自慢の、きしめんやうどんの生麺も売っていますので、お土産で買って帰るのも良いかもしれません。

 

 

「角千本店」のおすすめメニューは?

オススメは、やはり一番人気の「三色きしめん」です。

見た目もキレイですし、3種類のきしめんを味わえるのも楽しいですよね。プレーンのきしめんに加えて、さくら・抹茶を練りこんだきしめんになります。

さらに、かき揚げとえびの天ぷらもついてくるので、かなりのボリュームになります。これで1,060円(税込)ですので、かなりお得ではないでしょうか。

 

カレーきしめんもウリということでしたので、「カツカレーきしめん」も食べたことがあります。これまたカツのボリュームがすごかったです。

カレーには、覚王山の有名インド料理店である「えいこく屋」のスパイスが使用されているんですよ。麺だけでなくいろいろとこだわっています。

 

きしめんだけでなく、うどんも1つ食べてみようということで、ココはやはり、名古屋名物のみそ煮込みうどん(えび天付き)も注文しました。

麺はかなりコシのある硬麺です。硬いのが苦手な方はきしめんの方が良いかもしれません。スープはまろやかで美味しいですよ。

 

 

「角千本店」店員さんの接客や客層・混み具合は?

 

店員さんは4~5人いらっしゃいます。食堂のおばちゃん・おじちゃんといった方が多く安定感のある接客です。

客層はやや年齢層が高めでしょうか。ご夫婦や家族連れの方が多い印象です。少しうるさい時が多い印象もありますが、その日次第といったところでしょうか(笑)

席数も多いので待ち時間が必要な場合は少ないですが、駐車場が席数に対して少ないので、すぐに入れない場合もあるかもしれません(私は今のところ待った経験はありません)。

 

 

「角千本店」の駐車場の情報など

 

○住  所:愛知県名古屋市守山区町北19-8

○電  話:052-794-5777

○定休日 :無休

○営業時間:11:00~15:00、17:00~20:30(L.O.20:00)

○交  通:ゆとりーとライン「守山駅」から徒歩3分

○駐車場 :有(11台)※お店のすぐ前

〇公式HP:https://kadosen.co.jp/

 

 

 

まとめ

 

お店の雰囲気や出てくるメニューは普通と言えば普通ですが、ボリュームもありますし、名古屋名物をお気軽に食べられるお店だと思います。

何より、「最古のきしめん店」という称号がありますので、是非一度は足を運んでみてほしいなと思うお店です。