名古屋市昭和区

名古屋市でひつまぶし・うなぎ丼といったらココ!うなぎ百名店としても常連の名店「うな富士」

 

本日の記事では、名古屋市昭和区にある「うな富士」を紹介していきます。

名古屋で一番有名なうなぎ屋といってもよいお店です。

そして、食べログの「うなぎ百名店」にも毎年選ばれている名店になります。

お弟子さんがやっているうなぎ屋には何店舗か行ったことがあるのですが、満を持して行ってきましたのでレポートさせていただきます。

 

「うな富士」の外観・内観の雰囲気は?

鶴舞駅から徒歩10分ほどの距離にあります。

高架下の大通り沿いを進んでいくと、緑色のテントが目印となりお店が見えてきます。

 

近づくとこんな感じですね。土日にもなると、このテント下のイスは、順番待ちの人でほとんど埋まっています。

 

中に入ると、昔ながらのうなぎ屋さんといった雰囲気といった感じです。

全てテーブル席(2人掛け・4人掛け)で、30席あります。

 

 

「うな富士」のおすすめメニューは?

お店一番のオススメは「ひつまぶし」(4,400円)です。

お値段が高いだけあって、うなぎの量はぎっしりとあります。ひつまぶし特有ですが、やはりワサビと一緒に食べると美味しいですね。お出汁はよくある味でした。

 

当然、もう1つの看板メニューは「うなぎ丼」です。

写真は、「上うなぎ丼」(4,400円)です。

大きなうなぎが5キレのっています。そして、食べ進めていくと、中からも1キレ出てくるので楽しみに待っていて下さい(笑)

全体的に少しべたっとしているような食感だったので、個人的にはもう少しフワッとした感じがほしかったです。期待感が大きすぎたのもあるかもしれませんが(汗)

 

うまきも思い切って頼みましたが、1,200円もするので、この値段でこのお味なら、うまきは次回以降はやめようかなと思いました。

 

 

「うな富士」店員さんの接客や客層・混み具合は?

 

接客は主に女性の方が3名いらっしゃいます。どの方も優しい雰囲気で好感が持てます。電話で予約した際の対応も非常に印象が良かったです。

客層は年配の方が多い印象ですが、30~40代くらいの方もけっこういました。2人組の方が多いですが、1人の方も2人掛けテーブルに数人いましたので、1人では行きづらいといったこともないかと思います。

超有名店ですので、行列は覚悟です。平日のみ予約が可能ですので、待つ可能性が高いので予約はしていった方が無難かと思います。

土日に関しては、1~2時間待ちは普通にあります(汗)

 

 

「うな富士」の駐車場の情報など

 

○住  所:愛知県名古屋市昭和区白金1-1-4 プレザアント白金

○電  話:052-881-0067

○定休日 :2020年は無休

○営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00(L.O. 20:00)

○交  通:地下鉄鶴舞線「鶴舞駅」から徒歩10分

○駐車場 :有(20台) ※お店から100mほど東の位置。ガソリンスタンドのすぐ隣にあり、目印の看板も出ています(写真)

〇お店のHP:https://unagi-unafuji.com/

 

 

 

まとめ

 

名古屋名物の中でも一番人気と名高い「ひつまぶし」。

そのひつまぶしとうなぎ丼の食べられるお店として、名古屋でもトップクラスのお店になります。

人気店でありながら、天狗になることもなく、接客も丁寧で好感が持てますので、皆さんも一度足を運んでみてはいかがでしょうか。