豊田市・岡崎市・蒲郡市

香嵐渓の大自然を楽しむカフェ!自家焙煎コーヒーが人気の三州足助屋敷「堅香子(かたかご)」

 

本日の記事では、愛知県豊田市足助町にある「炭焼珈琲の店 堅香子(かたかご)」を紹介していきます。

紅葉やカタクリの花などで有名な、豊田市足助町にある愛知県屈指の観光地「香嵐渓」。

そんな香嵐渓の中にある施設「三州足助屋敷」の入口にあるのが、本日紹介するお店。

最高の景色の中、炭焼珈琲を楽しめるカフェとして人気です!

 

「かたかご」の外観・内観の雰囲気は?

三州足助屋敷(さんしゅうあすけやしき)の中央が、屋敷に入る受付けになっています。

右手側に、カフェがあります。

消えゆく昔の日本の暮らしや風景の提供と、技術の伝承を行うことを目的に作られた観光施設ということで、何とも趣きを感じられる外観です。

 

お店の方へ向かっていくと、店名の書かれた看板が。雰囲気がいいですね~。

 

店内にもテーブル席はありますが、是非ともテラス席を利用してほしいです。

なんたってこの風景です!渓谷沿いの心地良い川風を感じることができますよ。

 

「かたかご」のおすすめメニューは?

景色が良いだけでなく、炭焼の自家焙煎コーヒーと、コーヒーにもこだわっていますので、是非ともコーヒーは飲んでいただきたいです。

私は炭焼ホットコーヒーと、炭焼アイスコーヒー牛乳を飲んでみました。

写真のとおり、景色がホントに最高です!マイナスイオンをたっぷり浴びながら、最高の森林浴タイムでした(笑)

景色のおかげもあるかもしれませんが、コーヒーの味も美味しく感じました。

本日のケーキとして、チーズケーキやシフォンケーキなどもありますので、コーヒーのお供に食べてみて下さい。

 

店内には、大きな焙煎機もありました。

コーヒー豆も販売されています。200gで880円と、比較的お安く購入できますので、大自然の中焙煎されたコーヒー豆も注目です!

 

「かたかご」接客や客層・混み具合・口コミは?

女性の方が1人で手際よくやられていました。お客さんが多い時期は店員さんも増えるかもしれません。

私が訪れたのは、平日の午前中ということで、お客さんは3組と、この大自然をのんびりと過ごすことができました。

香嵐渓というと、紅葉の時期には激混みになりますので、カフェの方も混雑しているようです。個人的には、紅葉だけでなく新緑も素敵だと思いますので、のんびりとコーヒーを味わいに行ってみるのもオススメです!

 

「かたかご」の駐車場の情報など

 

○住  所:愛知県豊田市足助町飯盛36

○電  話:0565-62-1188

○定休日 :木曜日(11月は無休)

○営業時間:9:00~16:30

○駐車場 :有(観光駐車場500円)※カフェまで徒歩約10分

 

 

まとめ・総合評価

愛知県内屈指の観光地「香嵐渓」にあるカフェです。

大自然を味わいながら美味しいコーヒーが飲めるお店ということで、都会を離れてのんびりと自然を楽しみに行ってみてはいかがでしょうか。

 

総合評価

ドリンク:★★★★☆

デザート:★★★☆☆

接客  :★★★☆☆

居心地 :★★★★★

コスパ :★★★★☆

穴場度 :★★★★☆

リピート:★★★☆☆

総合  :★★★★☆